「家事はおまえの仕事だろ!」と言い切る夫に、考えを改めさせる一言9パターン

  • 【6】「家事だけが望みなら家政婦がいればいいじゃない」と、離婚をほのめかす

    「『必要なのは家政婦だよね。離婚して、雇用契約でも結ぶ?』とひと睨み」(30代女性)というように、ひどい扱いには「離婚」をちらつかせてみましょう。「世話してくれる女がほしいから結婚したの?」と強く反省を促してもよいかもしれません。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)