「子ども同士は仲良しだけど、あの子のママは苦手」というときの上手な付き合い方9パターン

  • 【3】「メール無精な自分」をそれとなくほのめかす

    「メールの返信は絵文字ナシでそっけなく。即レスもしません」(30代女性)など、メールの使い方で、こちらはそれほど親しみを抱いていないことを匂わせるのもいいでしょう。日ごろから、「どうもメールって苦手なんだ…」と言っておけば、返信が遅くても仕方ないと思ってもらえるかもしれません。
  • 【4】ふたりきりで会話する状況を、できるだけ避ける

    「ほかのママ友がいれば、相手の関心が分散するので安心」(30代女性)というように、数人でのおしゃべりなら、苦手なママが一緒でも、少しは気がラクになりそうです。子どもの送迎時には、ママたちの集団にさりげなく混じったり、誰かに声をかけて仲間に加わってもらったりして、苦手ママと一対一にならないようにしましょう。