子どものケガについて、先生からそれとなく聞き出す方法9パターン

園から帰宅した子どもが軽いケガをしていたら、親としては気になるでしょう。先生から特に説明がなければ、警戒されないように、こちらからうまく切り出したいものです。そこで今回は、独自アンケートの結果を参考に「『子どものケガ』について、それとなく先生から聞き出すための工夫」をご紹介します。

  • 【1】「お忙しいところスイマセン、ちょっと教えていただきたいのですが…」と、ワンクッション置く

    「『今、お時間ありますか?』と先生の都合を聞く」(30代女性)というように、すぐにケガの話を持ち出さず、相手の様子を気遣うことで、本題に入るタイミングを計りやすくなりそうです。「いつも温かく見守っていただき、ありがとうございます。実は…」と感謝の言葉から入ると、先生も快く会話に応じてくれるかもしれません。