わが娘に姿を重ねて応援したくなる「女の子の成長物語」9パターン

娘を持つ母の立場で読むと、マンガにはまた違った味わいがあるもの。特に「少女」と呼ばれる年頃の女の子が登場すると、ついわが娘の姿を重ねてしまう人も多いでしょう。そこで今回は、独自アンケートの結果を参考に「わが娘に姿を重ねて応援したくなる『女の子の成長物語』」をご紹介します。

  • 【1】波瀾万丈なサイバラさんの自伝的マンガ『女の子ものがたり』(西原理恵子)

    「恵まれているとはいえない環境で強く生きる女の子たちに涙」(30代女性)というように、人より早く「人生のどうしようもなさ」を悟った女子たちの成長を追った作品です。やるせなさを感じながらも、彼女たちのたくましさにエールを送りたくなるでしょう。