子どもにお菓子ばかりくれるママ友に、さりげなく「NO」を伝える言い回し9パターン

  • 【8】「じゃあ、一個だけね」と、数を減らして抵抗感を見せる

    「数を減らして受け取れば、子どもも納得します」(30代女性)というように、数や量を少なくしてもらうという手もあります。大きなお菓子なら「一かけだけ」と決めるなど、ささやかな抵抗を続ければ、ママ友も「いらないんだな」と気づいてくれるでしょう。