「息子の初恋」を察した瞬間9パターン

まだ就学前の男の子でも、異性に恋心を抱くことはあるでしょう。息子のちょっとした振る舞いから「もしや初恋?」と気づいたら、母親としては温かく見守ってあげたいものです。そこで今回は、独自アンケートの結果を参考に「『息子の初恋』を察した瞬間」をご紹介します。

  • 【1】同じ子の名前が頻繁に話題にのぼる

    「『かなちゃん、今日はイチゴの靴下だったよ』とか、何かにつけてよく名前を出すのが一番怪しい」(20代女性)など、特定の女の子の話ばかりするのは、その子のことで頭がいっぱいになっている証拠かもしれません。「またあの子の話?」などとヤボな突っ込みはせず、聞き役に徹してあげましょう。