後輩から「うっとうしい!」と思われてしまう「先輩目線の口出し」9パターン

  • 【9】美食家か! 「食べているもの」に関する口出し

    「忙しくてデスクでパン食べてたら『体が喜ぶ食事をしなきゃ!』ってオーガニックランチに誘ってきた」(20代女性)というように、親切も空気を読まなければ、ただのおせっかいになってしまうでしょう。状況判断をして、スイーツを差し入れするなど、さりげない気づかいができる先輩の対応といえそうです。

後輩から「うっとうしい!」と思われてしまう先輩目線の口出しには、他にどんなものがあるでしょうか。皆さんのご意見をお待ちしています。(榎本洋子)
Photo:All images by iStock