後輩から「うっとうしい!」と思われてしまう「先輩目線の口出し」9パターン

  • 【5】教祖か! 「悩み」に関する口出し

    「何を思ったか『気が楽になる』と仏教の悟りの本を渡された」(20代女性)というように、お門違いの一方的なアドバイスは相手を困らせてしまうようです。いくら困っていそうだからといって押し付けがましい行為は逆効果。相談されたら親身になって応えてあげるとよいでしょう。
  • 【6】親よりうるさい! 「お金」に関する口出し

    「『定期預金にしてる? やり方わからなければ教えようか?』としつこい」(20代女性)というように、他人にあまり公表したくない金銭事情に踏み込むのは、デリカシーがないと思われてしまう可能性があります。ここは他人事とスルーするのが賢明でしょう。