後輩から「うっとうしい!」と思われてしまう「先輩目線の口出し」9パターン

  • 【3】どうでもいい! 「上司攻略」に関する口出し

    「部長は甘党で、課長は辛党とか、上司の嗜好速報がウザい」(20代女性)というように、媚びる概念のない若手OLにとって上司のご機嫌アップに必要なネタは無意味と思ってよさそうです。「部長はランチ後機嫌よし」など、何かアクションをおこす上で役立ちそうな情報なら歓迎されるかもしれません。
  • 【4】師匠でもないくせに! 「仕事の進め方」に関する口出し

    「『私が新人時代はこうやってたからマネして』と押し付けてくるのがイヤ」(10代女性)というように、マニュアルのない事務仕事でやり方をガチガチに指示されるのを嫌う人もいるようです。進め方は任せ、分からないところをカバーしてあげると、後輩の成長にもつながるかもしれません。