親しくても気をつけたい「嫁同士の超えてはならない一線」9パターン

結婚し、夫の家族との新しい関係ができるのは嬉しいもの。なかでも立場が似ている「嫁同士」では、つい気を許してしまいがちですが、身内ならではの難しさもあるようです。そこで今回は、独自アンケートの結果を参考に「親しくても気をつけたい『嫁同士の超えてはならない一線』9パターン」を紹介します。

  • 【1】義理の両親はもちろん、共通の親族の悪口を言う

    「『わかるわ』って聞いていただけなのに、自分が言ったことになっていて大焦り…」(30代女性)というように、その場の雰囲気に流されて相手の意見に同調した結果、窮地に追い込まれた人もいるようです。どんな愚痴でも笑顔で受け流すくらいの慎重な態度で通したほうが賢明かもしれません。