帰省中、「もっとリラックスしなよ」という夫に気苦労を理解させる一言9パターン

憂鬱な気持ちを抱えて、義父母宅への帰省。緊張でカチコチなのに、夫は「リラックスしろよ」と能天気。「よその家でくつろげるわけないでしょ!」と夫に分からせるには、どう話したらよいのでしょうか? そこで今回は、独自アンケートの結果を参考に「帰省中、『もっとリラックスしなよ』という夫に気苦労を理解させる一言9パターン」をご紹介します。

  • 【1】「私の実家で昼寝できるの?」と、立場を逆にして考えてもらう

    「『あなたなら、私の実家のリビングでゴロゴロできる?』と問い詰めました」(20代女性)というように、逆パターンを想像してもらう方法です。それでもピンとこない夫には、一度自分の実家で、父の横に座らせたまま放置してみてもよいでしょう。