夫の実家で過ごす憂鬱なお正月を乗り切るための心の持ち方9パターン

年の瀬が近づくと「夫の実家に行くことを考えて、気が重くなる」という人は多いのではないでしょうか。そこで今回は、独自アンケートの結果を参考に、少しでもラクな気持ちでお正月を迎えられるような「夫の実家での心の持ち方」をご紹介します。

  • 【1】「これは仕事」と思ってビジネスライクに割り切る

    「『イヤミな姑はお局様、舅は頭の固い部長』と思えばいい。家に帰るまでのガマンなのは会社と同じ」(30代女性)というように、夫の実家を職場に見立てれば、何があっても「ここだけのこと」と気持ちを切り替えることができそうです。「小姑はワガママなAさんにソックリ」などと想像するのも息抜きになるかもしれません。