これは真に受けちゃダメ!上司が発する「社交辞令」9パターン

上司の言葉には、「理不尽な本意」や「上司ゆえの見栄」が潜んでいるかもしれません。そして、それに気づかず真に受けてしまうと、とんでもないことになるようです。『オトメスゴレン』会員の声から、そんなトリッキーな社交辞令と、それに対する好ましい対応方法をご紹介します。

  • 【1】「夏休みは自由に取っていいぞ」という休暇前の一言

    「仰せの通り1週間フルで取ったら『ヤル気がないなら辞めろ!』とキレられた」(20代女性)というように、休暇に関して「自由に」というのは、期間ではなく、あくまで日程のことだと思ったほうがよさそうです。周囲の様子をうかがいつつ、平均的な期間で申請するなど、空気を読みつつ対応するとよいかもしれません。