同居嫁が「帰省してくる夫の兄弟」にイラッとする瞬間9パターン

年末年始やお盆などに帰省してくる夫の兄弟姉妹に、ウンザリしたことのある「義父母と同居の嫁」は多いのではないでしょうか。そこで今回は、独自アンケートの結果を参考に、小舅や小姑一家のイラッとくる態度と、そんなときの上手なあしらい方をご紹介します。

  • 【1】上げ膳据え膳で、座ったまま「手伝おうか」の一言もないとき

    「食べ終わると即、ゴロンと横になる義妹たち。私が片付け始めても完全無視!」(30代女性)というように、何もせずに食べることだけ一人前の小姑に腹を立てている人は多いようです。黙ってやってあげると図に乗るだけなので、「お皿を下げるの、手伝ってくれる?」と声をかけてみてはどうでしょう。
  • 【2】連休のたびに帰省されて、どこにも出かけられないとき

    「突然『明日行くね』と連絡してきて泊まっていく義妹一家のせいで、こっちは家族旅行もできない」(40代女性)など、勝手に押しかける彼らに、行動を制限されたような気分になる人も多いようです。先手を打って「3連休は出かけるから」と早めに宣言し、それでも来るなら、あとは義父母にお任せしちゃいましょう。