家族みんなを大掃除に引っ張り込む賢いトーク9パターン

年末といえば大掃除ですが、面倒くさがる夫や子どもをヤル気にさせるために、毎年苦労している人は多いのではないでしょうか。そこで今回は、独自アンケートを参考に、家族みんなを大掃除に引っ張り込める、賢いトークをご紹介します。

  • 【1】「掃除した場所の数だけ500円あげる」など、ご褒美を用意する

    「網戸1枚50円、お風呂500円、トイレ500円などと決めておくと、お小遣い欲しさに手伝ってくれます」(40代女性)というように、子どもが小学校高学年くらいなら、報酬制にしてみるといいかもしれません。夫には換気扇などの大物を任せて、金額も多めにすると喜んでやってくれそうです。
  • 【2】「一番頑張った人のいうことを聞いてあげます」と競争させる

    「何かと張り合う兄弟なので『どっちが上手かな?』とか『先に片付けた人にドーナツ1個!』などと言うと、『バトルだ!』と競って始めます」(30代女性)というように、子どもたちにはゲーム感覚でやらせる人もいます。「パパと勝負してみたら?」と提案すれば、わが子に誘われて夫も参加してくれるかもしれません。