独身の女友達をうんざりした気分にさせてしまう年賀状9パターン

自分では「傑作!」と思って作った年賀状でも、受け取る人によっては「何これ?」と不快に感じさせてしまうことがあります。そこで今回は、独自アンケートを参考に、未婚の友人に「悪気はないんだろうけど、うんざり…」と思わせてしまう年賀状の例をご紹介します。

  • 【1】「子どものコスプレ写真」が全面掲載されている

    「いくらかわいくても、幼女に萌えキャラの格好はやりすぎ!」(20代女性)というように、「仮装させたわが子を見て!」と言わんばかりの年賀状は、親の自己満足だと思われてしまうことがあるようです。子どもに何かさせるなら、干支にちなんだ服を着せるくらいがちょうどいいかもしれません。
  • 【2】「今年は素敵な出会いがあるといいね」などと、余計な一言が添えられている

    「『いい人みつけてください』って、なぜ上から目線!?」(30代女性)というように、既婚の友人から恋愛や結婚に言及されると、独身女性はあまり面白くないようです。プライバシーに立ち入るような言葉は控えて、「良い年になりますように」などの一般的な挨拶にしておきましょう。