「大掃除の手抜き」を自分の中で正当化するための思考法9パターン

年末が近づくと、「あー、大掃除しなきゃ」と憂鬱な気持ちになる主婦は多いでしょう。とはいえ、自分で自分を追い込まず、ちょっと視点を変えるだけで、気が楽になることもあるようです。そこで今回は、独自のアンケート結果を参考に「『大掃除の手抜き』を自分の中で正当化するための思考法」をご紹介します。

  • 【1】「だいたいできていれば十分!」とハードルを下げる

    「目標の6割できれば合格と考える」(30代女性)というように、そもそも完璧にしようと思わなければ、心理的な負担が軽くなりそうです。目標があいまいでは気が済まないなら、「キッチン周り」「お風呂」など絶対に外せない場所を決めて、そこができればヨシとしましょう。