「家事分担ルール」を夫に気持ちよく呑んでもらうための提案方法9パターン

結婚して共同生活を始めるからには、家事分担についても、早い段階でルールを決めておきたいもの。では、どんなふうに家事分担したら、ストレスの少ない生活を送ることができるのでしょうか? そこで今回は、独自アンケートの結果を参考に「『家事分担ルール』を夫に気持ちよく呑んでもらうための提案方法9パターン」をご紹介します。

  • 【1】「料理は妻、片づけは夫」など、家事内容で分担する

    「料理は私がやったほうがスムーズなので、代わりに片づけは夫にお任せ!」(20代女性)というように、「掃除」「洗濯」といった家事内容によって、担当を決めるパターンです。どちらかに負担が偏らないよう、適性を考慮しながら納得いくまで話し合って決めましょう。
  • 【2】力仕事や庭まわりなど、男性向きの仕事は夫に任せる

    「重たい米袋を運ぶのはしんどいので、買って精米するまでは夫の仕事に。今ではすっかり『お米担当』の自覚が芽生えたようです」(20代女性)というように、必要な体力、腕力などによって、分担する方法もあります。女性でもできることを進んで引き受ければ、不公平感も残らないでしょう。