「健康のためにお酒を控えて!」という想いを夫に届ける説得法9パターン

仕事帰りや帰宅後、毎日のようにお酒を飲む夫。たしなむ程度ならいいものの、飲み過ぎが目に余るようなら、妻として心配になってしまうでしょう。そこで今回は、独自のアンケート結果を参考に「『健康のためにお酒を控えて!』という想いを夫に届ける説得法」をご紹介します。

  • 【1】「ずっとそばにいてほしいから、長生きしてね」と甘える

    「『飲みすぎでポックリいかれたら、辛すぎる…』と胸に顔をうずめて泣きマネ」(20代女性)というように、夫をいかに大切に思っているか、大げさなぐらいアピールしてみましょう。あまりにもしつこく言い続けると『またかよ』とうっとうしがられそうなので、ここぞというタイミングで女優になりきるとよさそうです。
  • 【2】「何でそんなに飲みたくなるの?」と理由を聞く

    「『あなたに何かあったら、女手ひとつで育ててくれたお義母さんは生きていけないよ』と不測の事態を想像させる」(20代女性)というように、家族はもちろん、両親や兄弟、友人など、いろんな人の想いを察してもらう方法です。気分よく酔っているときに水を差すのは嫌がられそうですが、ときには真面目に語ることで、夫もしっかり受け止めてくれるでしょう。