クリスマスくらい贅沢な物がほしい!夫への上手なおねだり9パターン

普段は質素に生活していても、クリスマスだけはプレゼントを奮発してほしいと密かに願う妻は多いでしょう。しかし、夫にどう切り出せばうまく伝わるのかは、なかなか悩ましいものです。そこで今回は、独自のアンケートを参考に「『クリスマスぐらい、ちょっと贅沢なものがほしい』とうまく夫におねだりするセリフ」をご紹介します。

  • 【1】「今年はちょっと豪華なパーティをしない?」と雰囲気づくりから始める

    「『チキンの丸焼きを作るから、あなたはワインを用意して』などと迫り、当日に向けてムードを盛り上げる」(20代女性)というように、特別な演出をほのめかすことで、クリスマスへの期待を察してもらう方法です。ただし鈍感な夫だと、単に「ごちそうが食べられる」と喜ぶだけかもしれないので、相手のタイプを見極めましょう。
  • 【2】「結婚3周年だし…」と何かしら理由をつける

    「『手がかかる子どもたちを相手に、よくやってるよね?』と訴える」(30代女性)というように、自分の努力をアピールしたり、「『今年は誕生日に何ももらってない』と嘆く」(30代女性)など、とにかくプレゼントをもらう名目を打ち出すのもよさそうです。夫の機嫌がいいときを見計らって、上手に話を切り出しましょう。