「鼻毛が出ていること」をやんわり上司に指摘するひと言7パターン

上司の鼻毛がちょろりと出ていたら、気になって仕方がないものです。なかなか指摘が難しい状況で、どのように伝えたらいいいでしょう。そこで『オトメスゴレン』への読者アンケートをもとに、さりげなく教えてあげるアクションを探ってみました。

  • 【1】「私の父、鼻毛カットに余念がないんです」と別の人の話にして気付かせる

    「とりあえず誰かの鼻毛の話を持ち出し、『もしや、オレも』と気づかせるようにします」(20代女性)と、毛の存在をアピールする方法です。上司が鼻のあたりを触りだしたら、効果があった印とみてよさそうです。ただしそうしたアクションは見て見ぬふりをしておき、鼻毛が去ったあとも、そのことに言及しないのが大人のお作法といえるでしょう。