オシャレな上司を喜ばせる「ヨイショ」9パターン

最近、女子の目を意識した「ちょい悪気取り」なおじ上司が急増しているようです。とはいえ、彼らが憧れる「本場イタリアオヤジ」には程遠いのが実情です。そこで、そんな心理を逆手にとった「絶妙なヨイショ」を『オトメスゴレン』読者の声からご紹介します。

  • 【1】「あなたの上司ってオシャレねってよく言われますよー」と第三者を利用

    「『じゃあ、その子も連れてメシでも行くか!』とノリノリ(笑)」(20代女性)というように、「複数の人がそう言っている」と錯覚させるパターンです。「第三者の存在」は急激に信憑性を高めてくれる特効薬といえるでしょう。
  • 【2】「男の色気って意味、最近、分かってきました」と遠回しに雰囲気を褒める

    「『どこが』と具体的に言わないで褒めるのがテク」(20代女性)というように、「色気」という抽象的単語で持ち上げるパターンです。「私の彼氏なんて、まだまだ子供で。部長みたいにダンディになってほしいなー」などと言い、ちょっとカンチガイさせて「ニンマリ」とさせてあげましょう。