この子、ありえない!お局様にイラッとされる言葉づかい9パターン

言葉は時代とともに変化していくものですが、「若者の日本語が乱れている!」と憤りを感じるお局様は多いようです。そこで今回は、オフィスでは避けたい言葉づかいを『オトメスゴレン』読者への調査からご紹介します。

  • 【1】上司や取引先への相づちが「うん、うん、うん」

    「電話越しの得意先に『うん』は、さすがにナシ! すぐに電話を代わった」(30代女性)というように、目上の人に対して「うん」を使うのは、敬意を欠くうえ、子供っぽい印象を与えます。相づちは「はい」や「ええ」を使いながら、「左様でございますか」「承知いたしました」などと言えると丁寧です。