2度目の失敗を先輩に見逃してもらうための振る舞い9パターン

先輩に一度注意されたにもかかわらず、また同じ失敗! どうしようかと悩んだ経験は、誰にも少なからずあると思います。そんなとき、先輩を怒らせるのも味方につけるのも、失敗についてのお詫びと報告の言い回し次第といえるようです。そこで、『オトメスゴレン』の女性読者に聞いた「失敗を先輩に大目に見てもらうための振る舞い」をご紹介します。

  • 【1】「やり方のメモが見当たらなくて…」とメモさえあればちゃんとできることを強調する

    「今回は私がやるから横で見ててという流れになる場合が多い」(20代女性)というように、手順に関するメモがないためにできなかったと主張して、先輩の「しょうがないな」という気持ちを引き出すパターンです。ただし、改めて手順を復習するなど、次回以降は一人でこなすための努力をしましょう。