ミスをした同僚を励ますつもりで怒らせてしまった言葉9パターン

「落ち込んでいる同僚を励ましたいけれど、なんて言えばいいの?」と悩んだ経験はありませんか? 慰めたい気持ちに嘘はなくても、言葉選びを間違えると怒らせてしまう可能性もあるので気をつけたいものです。そこで今回は『オトメスゴレン』読者の声から「ミスをした同僚を励ますつもりで怒らせてしまった言葉9パターン」をご紹介します。

  • 【1】「そんな大した失敗じゃないから、平気平気」

    「本気で反省して事の重大さにヘコんでいるときに、安易に言われると腹が立つ」(20代女性)というように、彼女がミスを重く受け止めている様子なら、軽々しく言葉をかけるのはやめたほうがよさそうです。まずはそっと見守って、相手から声をかけてきたら、そのことには触れずにいつも通りに接してあげましょう。