「上司の悪口」を言いまくる同僚の暴走を止める方法9パターン

  • 【3】「自分が上司だったら、私たちみたいなうっかりミスが多い子を同じように叱っちゃうかも」とこちらに非がある可能性をチラつかせる

    「実際にミスが多ければ耳が痛いから」(20代女性)など、こちらにも悪い点があることを指摘すれば、同僚も話を続けにくいでしょう。「あー。私も気をつけなくちゃね」と笑顔で話を締めれば、彼女との間に遺恨を残すこともなく、話を終えられそうです。
  • 【4】「あなた、むしろ目をかけてもらってるんじゃないの?」とうらやましそうに言う

    「持ち上げる大作戦!」(20代女性)というように、同僚のプライドをくすぐって彼女の口をふさぐ方法です。「あなた、頑張ってるもん」とさらに誉めてあげれば、「ちゃんと仕事ぶりを見てくれてるんだ、あいつ」と逆に上司を誉め始めるかもしれません。