「上司の悪口」を言いまくる同僚の暴走を止める方法9パターン

普段は仲がよい同僚であっても、いったん上司の悪口を言い始めると罵詈雑言を言いたい放題の人もいて、ウンザリすることもあります。では、どうすれば話をうまくかわせるのでしょう。そこで今回は『オトメスゴレン』女性読者への調査を元に、同僚が「上司の悪口は、このくらいにして早く切り上げよう」と思い直すリアクションをご紹介します。

  • 【1】「私、あの上司とはあまり絡まないからわからない」と話に加わらないと強調する

    「知らぬ存ぜぬで通せば、話の勢いをそげる」(20代女性)というように、「わからない」と言い切ることで、相手に話甲斐がないと思わせる台詞です。仮に同僚が「知らないの? あいつはね…」と続けても、「ふーん。へー。そういえばさ」と話題を変えるとよさそうです。
  • 【2】「あれだけしつこく言うから、きっとうちの課の成績もいいんだけどね」と発想を転換させる

    「『困った人だけど、それがいいところよね』とポジティブな話に持っていく」(20代女性)など、同僚の上司に対する悪口は否定せず、前向きに捉えるよう促す一言です。「それで私たちのお給料に跳ね返ってくればいいじゃない。ガマンガマン」と笑顔で言えば、同僚も「仕方ないか…」と諦めてくれるかもしれません。