先輩たちを騒然とさせてしまった驚愕の社内メール9パターン

社内での連絡をメールで行うことはよくありますが、学生気分さながらで、先輩たちから失笑をかっていることも少なくありません。『オトメスゴレン』の読者の声からトンデモメールの代表的な例を参考に、自分のメールを読み返してみましょう。

  • 【1】顔文字を連発して感情まで表現している

    「喜怒哀楽が豊かすぎる。仕事では顔文字は不要!」(20代女性)というように、携帯メールの気分が抜けない新人も多いようです。文字のみだと伝わりづらいときや、表現をやわらかくしたいときは、せめて「(笑)」程度に抑えたほうがよさそうです。
  • 【2】署名を星や音符マークなどでデコりすぎている

    「個性を出したいのはわかるけど、バカっぽいからやめてほしい」(20代女性)というように、記号で飾りすぎた署名は、名前や電話番号などの肝心の情報が読みづらくなります。先輩の署名を参考にしながら、どの程度まで許される会社なのか見極める必要がありそうです。