周囲を失笑させてしまった「珍・電話対応」9パターン

会社での電話対応はOLにとって必須科目といってよいでしょう。そこで、『オトメスゴレン』読者に聞いた会社での電話対応時の笑える失敗談を反面教師に、返事の仕方や言葉遣い、上司への取り次ぎなど、もう一度確認してみましょう。

  • 【1】担当者不在時に「携帯番号教えてください」と言われ自分の番号を即答

    「電話を切った後に『んなわけないか!』と思った瞬間、自分の携帯が鳴り出し苦笑い」(10代女性)というように、完全なカンチガイからおバカな応対をしてしまうパターンです。本来は、不在者の携帯番号を聞かれたら、「弊社から連絡をとり、折り返しさせますのでご連絡先を教えていただけますか?」と伝え、個人情報は簡単に外部に出さないほうがよいでしょう。
  • 【2】間違えてスピーカーボタンを押してしまいそのまま公開応対

    「普段押さないボタンだから解除方法がわからず仕方なくそのまま応対。周囲の視線集中で赤面!」(20代女性)というように、操作ミスが原因で赤っ恥をかくパターンです。仮に他社の営業マンなどに社外秘の内容が聞こえてしまった場合、シャレになりません。電話の基本的な操作マニュアルは覚えておいたほうがよさそうです。