男性のハートをわしづかみにするビジネスメールの「追伸」9パターン

  • 【2】「つい最近、何卒は『なにそつ』ではなく『なにとぞ』が正解と知りました(笑)」には相手もクスッ

    「先輩に送ったら、『笑ってる場合かっ』てツッコミの返信がきました。狙い通りです」(10代女性)というように、あえて自分をボケ役にすることで相手を和ませ、さらに距離を縮める効果もあります。天然キャラを演出した可愛げのある内容が、年上の男性を「守ってあげたい」という気持ちにさせるようです。