「愚痴ばかりの女子会」に誘われたとき、参加回避する方法9パターン

「今日はまっすぐ家に帰って、のんびりしようかな」という日に限ってグチ好きな同僚から女子会のお誘い。たまにグチを言い合うのはストレスの発散にもなりますが、会うたびに上司や仕事への不満ばかり聞かされていると気が滅入ってしまうものです。そこで今回は気乗りしない女子会をスマートに回避する方法を、『オトメスゴレン』の女性読者への調査結果からご紹介します。

  • 【1】今夜は先約があると伝える

    「先約に勝る断り方はないでしょう」(20代女性)というように、最も定番の断り方です。しかし実際にはまっすぐ自宅に帰るため、翌日以降の会話の矛盾からボロが出てしまう可能性も。「近所に住む友達との家飲み」や「妹が泊まりに来る」など、自宅への来客を理由にしておくと安全でしょう。
  • 【2】寝不足だと翌朝の仕事が心配だから今夜はパスさせてほしいとお願いする

    「朝イチに急ぎの仕事があることを伝える」(20代女性)というように、翌日の準備を理由にするパターンもあるようです。「午前10時までに仕上げなきゃいけない仕事があって…」など、はずせない仕事があることも具体的に伝えれば快く理解してもらえるでしょう。