よく知らないお局様から突然ランチに誘われたときの断り方9パターン

  • 【9】「愛犬が死んで、食事の気分ではないんです」と全面的に行く気がないことを示す

    「そんな状況の子とランチをしたい人はそういないから」(20代女性)というように、一緒に食べても面倒くさそうと思わせるのもよい手です。その後、社内で楽しそうにしている様子を見られたとしても「ムリに頑張って健気な子」と勝手に誤解をしてくれそうなので、一石二鳥かもしれません。

ほかにも「よく知らないお局様から、突然ランチに誘われたときの断り文句」があれば教えてください。皆さんのご意見をお待ちしています。(橘しげる)
Photo:All images by iStock