よく知らないお局様から突然ランチに誘われたときの断り方9パターン


ほかの部署やあまり接点のない人がランチに誘ってくれるのはありがたいけど、それがお局様だと話は別。コミュニケーションに失敗したら、目をつけられてイビリの対象になるかもしれません。では、相手の顔を潰さずに辞退するにはどうすればよいでしょうか。そこで今回は『オトメスゴレン』女性読者への調査を元に、「よく知らないお局様から、突然ランチに誘われたときの断り文句」を紹介します。

  • 【1】「営業担当から至急で見積書の修正依頼があって」と緊急の仕事が入ったことにする

    「よくありそうなことなので他部署ならなおさら、ウソでも見破られない」(20代女性)というように、売り上げにつながる仕事を理由にするのもいい方法です。「うちの部署、いま目標達成に向けて追い込み中なんです」と一言加えれば、説得力も増しそうです。