取引先を怒らせて頭の中が真っ白になった「電話の失敗」9パターン

「電話の失敗」は、誰でも一度は経験しているのではないでしょうか。特に新人のうちは対応するのに精一杯、思わぬマナー違反で相手を怒らせてしまうこともあります。そこで今回は、『オトメスゴレン』読者に聞いた「取引先を怒らせて頭の中が真っ白になった『電話の失敗』9パターン」をご紹介します。

  • 【1】保留ボタンを押したまま、うっかり切ってしまった

    「すぐに先方から電話がきて『切れたんだけど?』と冷たい声が…」(20代女性)というように、電話を突然切られれば誰でも不愉快になるものです。これは「転送の仕方がわからない」など、操作に不慣れだと起こりがちなので使い方を覚えましょう。もしも切ってしまったら即座にかけ直し、自分の不注意を詫びましょう。