取引先の男性に飲みに誘われたとき、後腐れなく断る方法9パターン

王子様に出会うために日々自分磨きに余念のない女子。でも、想定外の相手に誘われてしまったら? 次に会った時も普通に会話ができる程度に、『オトメスゴレン』読者に聞いた「後腐れなくお断りするヒント」をご紹介します。

  • 【1】「お取引先の方とは、上司と一緒でないとダメと会社で決められているんです」と規則を盾にする

    「上司と同伴、と言うとだいたい引かれます」(20代女性)というように、会社のルールを持ち出されると、普通それ以上は誘いにくいものです。営業マンが来る日は堅い服装にするなど、規律正しいマジメ女子を演出しましょう。