「これだからゆとり世代は…」と先輩を激怒させる振る舞い9パターン

その特異な価値観や常識感から「ゆとり世代女子」の言動は上の世代から理解されないことがあります。では、どのようなことをすると非常識と思われてしまうのでしょうか。上司や先輩が敬遠するタブー言動と、いい後輩と思われるための心得をご紹介します。

  • 【1】コンビニに行く先輩を見つけ「ついでに野菜ジュースも!」とパシリに使う

    「むしろあんたが行くんだよ!」(20代女性)というように、先輩に「ついで」で、ものを頼むなどもってのほか。このようなときはむしろ「私、行くつもりだったので一緒に買ってきますよ!」と機転を利かせるのがデキる後輩といえるでしょう。
  • 【2】社内企画コンペへの参加をすすめられ「いや、いいです」と競争心ゼロ

    「まったくチャレンジしない。やる気出さんかい!」(30代女性)というように、寝ても覚めても低体温なスタンスに、目上の人たちはイラだちを隠せないようです。同僚もいい意味でライバル、社内で切磋琢磨すればよりよい結果に辿り着くこともあります。まずは平均点より少し上を狙うつもりで日々の仕事に向き合うとよいでしょう。