肌が衰えてるって言いたいの!?お局様を激怒させる一言7パターン

年齢を重ねれば誰もが少しずつシワやたるみなど肌の衰えを感じるようになりますが、20代にはその心境がなかなか分からず、先輩が気にしていることを言ってしまいがち。特に夕方、心も肌も疲れている時間帯のお局様の前では要注意! ウッカリ失言しないために、禁句をまとめました。

  • 【1】「なんかお疲れですか?」と、ぐったり顔を指摘しない

    「仕事で疲れたのかな?と思って聞いただけなのに、ムッとした顔で化粧ポーチ持って出ていかれました…」(20代女性)ということが多いようです。実はそれ、「肌がたるんでますよ」と指摘したようなもの。お局様の夕方の顔については、見て見ぬフリでそっとしておきましょう。