小さなわが子を「男の子だなあ」と実感した瞬間9パターン

子どもの発言や行動に、「やっぱり男の子だなあ…」と感じる瞬間。母親としては、成長をそっと見守りつつも、ときにわが子の行き過ぎをフォローしていきたいものです。そこで今回は、独自アンケートの結果を参考に「小さなわが子を『男の子だなあ』と実感した瞬間9パターン」をご紹介します。

  • 【1】自分のことを「オレ」と言い始めたとき

    「園から帰ってきて、『今日、オレ、かけっこ一番だったんだよ!』とご報告。いつの間に『僕』じゃなくなったんだろう…」(20代女性)というように、自分を指す呼び方の変化で、ハッとさせられるケースは多いようです。「どういう心境の変化?」などと突っ込みたくなっても、とりあえずそっと見守ってあげましょう。