義母とふたりきりだと気まずい…沈黙を破る「鉄板トーク」9パターン

義母と会話中に話題が途切れ、無言の時間が続くと、なんだか気まずい雰囲気になるものです。では、どのような話を切り出せば沈黙を打ち破ることができるのでしょうか。そこで今回は、独自アンケートの結果を参考に「義母とふたりでいるとき、気まずい沈黙を破る『鉄板トーク』9パターン」をご紹介いたします。

  • 【1】夫(息子)の小さい頃の思い出話を聞き、義母のテンションを上げる

    「義母が喜んで話してくれそうだし、夫のことを知ることもできる」(20代女性)というように、夫の子どもの頃の話を聞いてみるパターンです。「反抗期ってありました?」などと質問すれば、義母は思い出を次々と語ってくれるでしょう。