休日にゴロ寝を決め込む夫を「家事」に巻き込むための一言9パターン

休日の朝、仕事はお休みでも、家の中では家事が山積み。それなのに、素知らぬ顔でゴロ寝を決め込む夫を、上手に家事に巻き込むにはどのようにしたらよいのでしょうか? そこで今回は、独自アンケートの結果を参考に「休日にゴロ寝を決め込む夫を『家事』に巻き込むための一言9パターン」をご紹介します。

  • 【1】「早く家事を片付けてお出かけしようよ!」と、楽しい目標を共有する

    「『早く終わらせてお寿司食べに行こう!』というと、腰を上げてくれました」(30代女性)というように、あとに楽しいことがあると思えば、夫のフットワークも軽くなるようです。「映画を見に行く」など、休日のプランを事前に考えておくといいでしょう。
  • 【2】「皿洗い、一緒にやっちゃおうか」と誘って、全部二人で進める

    「腕を引っ張って、全部一緒にやります」(20代女性)というように、「家事も二人でやれば楽しい」と夫に認識してもらうと、誘いに乗ってもらいやすくなるかもしれません。家事をしている間は、常に笑顔で過ごしていると、心から楽しい気分になってくるでしょう。