男の子を産んでくれ!と要求する義父への無難な対応9パターン

  • 【7】「元気で産まれてくれれば、『私たち』はどっちでもいいんです」と夫も同意見だと強調する

    「夫も性別は気にしていないことをわかってもらう」(30代女性)といった声もあるように、性別より健康第一だということを義父に理解してもらう返答です。できれば夫を呼んで同席してもらい、同じ意見だと主張してもらうと効果的でしょう。
  • 【8】「運に頼るしかないですね」と言い放つ

    「男の子か女の子か二つに一つなので、どうなるかは運次第だと強調する」(20代女性)など、客観的な事実として「男の子が生まれる確率は半分」だと納得してもらうパターンです。義父が不機嫌そうな顔をしたら、「男の子だといいですね…」と伝えて、その場をしのぎましょう。