家事と育児で大忙し!友人からの電話を手短に切り上げる技9パターン

結婚すると、食事の支度や子どもの世話など、自分の自由にならない時間が多いもの。それなのに、独身の友人からは、以前と変わらない長電話…。そんなとき、うまく話を切り上げて、電話を置くにはどうしたらよいのでしょうか? そこで今回は、独自アンケートの結果を参考に「家事と育児で手が離せないとき、友人からの電話を手短に切り上げる方法9パターン」をご紹介します。

  • 【1】「ごめんね、今忙しいから」と、正直に謝って電話を切る

    「『今、手が離せないの、ごめーん!』と謝って即切り」(20代女性)というように、単刀直入にお詫びの気持ちを伝えて、電話を切るという人は多いようです。何度か同じやり取りをしていれば、友人にも「この時間帯は電話が難しい」といった現実が伝わるでしょう。