園の先生が正直苦手…割り切って付き合うための思考法9パターン


幼稚園や保育園でどんな先生がわが子の担任になるのか、親としては大いに気になるものです。もし自分と相性が合わない先生であっても、気持ちを切り替えて接していくしかありません。そこで今回は、独自アンケートの結果を参考に「園の先生が『正直、苦手なタイプ』だったとき、割り切って付き合うための思考法」をご紹介します。

  • 【1】「子どものため」と自分に言い聞かせる

    「『私の先生じゃなくて、この子の先生!』と踏ん切りをつける」(30代女性)というように、あくまでも「子どもの担任」なのだという原点に立ち返り、気持ちを落ち着かせる方法です。自分にとって苦手なタイプでも、わが子とは相性がいいかもしれないので、感情を表に出すのは控えて、温かく見守ってみましょう。