「抱っこ」をせがむ子どもに歩いてもらうための魔法の一言9パターン


外出先で、すぐに「抱っこして!」とせがむわが子。応じてあげたくても体力が持たないとき、どんな言葉をかけてあげたら、自分で歩く気にさせることができるでしょうか? 今回は、独自アンケートの結果を参考に「ちょっと歩けばすぐ『抱っこー』のわが子に、一人で歩いてもらうための魔法の一言9パターン」をご紹介します。

  • 【1】「自分で歩けたら、かっこいいなー!」と、その気にさせる

    「『お、えらい! ちゃんと歩けるじゃん!』と先回りして褒めて、やる気にさせます」(20代女性)というように、歩き疲れてグズり出す前に、気持ちを盛り上げてやる方法です。手を叩いてもてはやすなど、楽しい雰囲気づくりを心掛け、調子が出るまで続けてあげるとよいでしょう。