ご近所さんの負担にならない「おすそわけ」の渡し方9パターン

ご近所さんにおすそわけしたくても、「相手がどう思うかな」「気を使わせると申し訳ない」などと考えて、躊躇した経験のある人は多いでしょう。そこで今回は、独自アンケートの結果を参考に「ご近所さんの負担にならない『おすそわけ』の渡し方」をご紹介します。

  • 【1】「こんなに食べきれなくて…もらってくれます?」と下手に出る

    「『あげる』じゃなくて、『もらっていただけませんか』と依頼する」(20代女性)というように、お願い形式で相手の意向を確かめれば、押しつけがましくなりにくそうです。生ものや賞味期限が迫っている食材の場合は、『おいしいうちにぜひ』と一言添えるといいでしょう。