義母に気持ちよく子どもを預かってもらうための一言9パターン

事情があってやむをえず義母に子どもを預かってもらう場合、どのような頼み方をすると快く受け入れてもらえるのでしょうか。そこで今回は、独自アンケートの結果を参考に「義母に気持ち良く子どもを預かってもらうための一言」をご紹介します。

  • 【1】「どうしてもおばあちゃんのとこがいいって言うの」と子ども自身の希望であることを強調する

    「たとえ嘘だと気づいたとしても、悪い気がしないと思う」(20代女性)など、「孫から好かれている」というのは手放しで嬉しいことのようです。あらかじめ子どもに「ばあば、明日行くからね」という可愛い電話をさせておけば、お膳立ては充分でしょう。