「今回は見逃してやる」と上司に思わせるための日常処世術9パターン

  • 【7】上司がどんな事で、どんな時に、どんな人に怒るのかウオッチしておく

    「同僚には申し訳ないですけど、上司が怒っているときはよく観察しています」(20代女性)というように、同じ間違いをしないためにもウオッチは必要です。その後はさりげなく、原因や経緯、関連した人・部署などを確認して、上司が怒るパターンを分析してみましょう。
  • 【8】上司がイライラしている時のクセを掴んで、早めに不機嫌モードをキャッチする

    「パソコンのキーボードを打つ音が大きくなってきたら、イライラしている」(20代女性)など、上司が発する不機嫌モードのサインを掴みましょう。そして、まずは近づかないことです。何気ない会話はもちろん業務報告、相談も、急を要さなければ後回しにしましょう。