「今回は見逃してやる」と上司に思わせるための日常処世術9パターン

  • 【5】「そういえばこの話聞いたな…」と思わせるよう仕事の報告と相談はマメにしておく

    「業務連絡や相談は細かくしておくと、たまにカバーしてくれます」(20代女性)というように、あなたの業務内容を上司も把握できるので、ミスが起こりにくくなるでしょう。ボーッとしたタイプの上司でも、メールを残しておけば証拠になります。
  • 【6】上司に言われたことは、本人の目の前ですぐメモをとる

    「同僚がよく『お前がメモをとらないからだ』と怒られています」(20代女性)というように、これも仕事の基本です。ただ、「こいつはちゃんとメモをとってる、次は言わなくてもいいかもな」と思われるので、書いたものは後で読み返して忘れないようにしましょう。