「今回は見逃してやる」と上司に思わせるための日常処世術9パターン

  • 【3】有休をもらって行った旅行の部署土産は、上司の好みを優先して選ぶ

    「上司はお饅頭が大好き。買っていくと『オレこういうの好き。知ってた?』と毎回言われます」(20代女性)というように、旅のお土産は上司の好みで選ぶ人が多いようです。上司はご機嫌になるし、同僚には「分かってる女子」と認定されるし、お土産を選ぶ時間もかからないしで、一石三鳥です。
  • 【4】お天気の話でもOK! 同僚よりも少しだけ多めに上司と世間話する

    「挨拶の後、お天気の話をしていたら、外出前の上司にこの後の天気はどう?と聞かれるようになりました」(20代女性)など、毎日挨拶以上の話をしていると上司もあなたに親しみが湧くでしょう。よく話す「かわいい部下」を些細なことで怒りにくくなるのは、人情というものです。