「夜の外出」に不服そうな夫を牽制する「出がけのセリフ」9パターン

  • 【7】「彼女が『旦那さまによろしく』って」と友人からのメッセージを伝える

    「友人の手前、大人の対応になる」(20代男性)など、友人を持ち出すと、夫は心に余裕のある男性を演じたくなるようです。「『旦那さま、優しくてうらやましい』って言ってた」などのリップサービスで夫のプライドをくすぐれば、さらに機嫌よく見送ってもらえそうです。